著作権者の対処法

それでは、より具体的にYouTubeコンテンツIDの内容について紹介します。ここで紹介するのは、実際に自分のコンテンツが第三者によって使用されていることが分かった場合の対応方法についてです。著作権者は大きく4つの対処方法を選択できるようになっています。

まずはコンテンツIDと一致している部分について、音声のミュートを行うというものです。動画音声がメインコンテンツとなっている場合、ミュート対処を行うことによって自分の著作権を守ることができるようになります。

次に、動画全体のブロックを選択することも可能です。自分のコンテンツID部分だけではなく、動画自体を再生できないようにすることが可能になっています。

さらに、その動画に対して広告を表示させることにより収益化を行うことも可能です。この場合、この収益はアップローダーとコンテンツID保持者との間で分配する設定にもできます。

著作権を守るために

それではまず、そもそもYouTubeコンテンツIDというのがどのようなものであるのかについて紹介します。こちらは、YouTubeによって導入されたシステムであり、簡単にYouTube上に自分のコンテンツが存在していないか特定、管理ができるようになるというシステムとなっています。

つまり、自分が投稿した動画などのコンテンツが、勝手に第三者によって使われていないかどうかを分かるようにできる、ということです。それでは、具体的にはどのような仕組みとなっているのでしょうか。

YouTubeに動画がアップロードされると、そのアップロードの際に内容がYouTube側で確認されます。この時、コンテンツIDを利用している人が提出しているファイルデータベースに照合が行われるようになっています。ここでもし投稿される動画などにコンテンツID利用者の動画の内容が含まれていた場合、著作権者にどのように対処するのかの連絡が入るようになっています。

あくまでも著作権の扱いを決定するのはYouTubeではなく著作権者であるため、著作権者はこの連絡を受け、その動画に対する対処を選択できるようになっています。では、どのような対処が取れるのでしょうか。

YouTubeコンテンツIDと著作権

今や、インターネットは多くの人の生活に密着し、無くてはならないものの1つとなりつつあります。そういった中で、1つ大きな問題となっているのが「著作権」です。昨今では違法ダウンロードの刑罰化などが行われるなど、インターネット上の著作権における考え方というものが少しずつ醸成されてきています。

インターネットの高速化に伴い、特にサービスを拡大しているのがYoutubeを代表とする動画配信サイトです。こういったサイトには様々な種類の動画が投稿されており、多くの場合それを無料で簡単に視聴できるようになっています。投稿を行うのはそれぞれのユーザーであり、これは言い換えれば「自分のコンテンツを簡単に公開できるようになった」ということでもあります。

こういったコンテンツを自分で作った場合、その時点で自分自身に著作権が存在します。つまり、これを第三者が勝手に使用してはならない仕組みになっているということです。しかし、実際にはそれが守られておらず、他者の動画などを利用して収益を得ようとする人がいることも事実です。

それでは、そういった著作権侵害による影響を受けないようにするためには、どのような方法があるのでしょうか。自分だけでこれを自衛するのは極めて難しい問題です。Youtubeは昨今の動画著作権に掛かる問題を受けて、YouTubeコンテンツIDというシステムを元に収益化や閲覧停止ができるようになりました。ここでは、このシステムに付いて紹介します。